テストステロンが影響して抜け毛に

どうして抜け毛は進行するのか?

男性の抜け毛の原因であるテストステロン。これは男性ならだれでも持っているAGAになります。

 

フサフサやツルツル家の別れる道は、この男性ホルモンであるAGAを誘発するジヒドロテストステロン遺体する毛乳頭と毛母細胞のカッ受精の違いが関係します。

 

毛乳頭と毛母細胞はジヒドロテストステロンをキャッチする重要帯を備えている。この部分の感度が高いと少量のジヒドロテストステロンにも敏感に反応し、抜け毛が進行してしまいます。

 

逆に感度が低いとジヒドロテストステロンが存在しても、進行が少ない。
これらの違いを生んでいる理由の一つ外伝です。

 

あくまでも、親父が剥げていると息子もハガルとうふうに単純化されているわけでなく、父親と母親のDNAが組み替えられ、60兆個の細胞が、受精卵との細胞の分裂により、生まれた子供に影響するかドウかが変わる。

 

なおかつ、遺伝の影響が少なくても、食生活や運動不足、疲れなどが関係し、テストステロンを活発にすることもわかっています。

 

やはり、抜け毛を予防するには、普段の生活もしっかりとしておかなくてはいけないということになりますね。

 

ページトップへ