フィナバルドの副作用に勃起不全

勃起不全の治療薬について

他のページで、フィナバルドの副作用に関してお話したように、テストステロンを抑制する作用があるために、副作用の一つである「勃起不全」が起こる可能性があります。

 

勃起不全とは、性欲はあるのだが、陰経部分に力が入らないことをいいます。

 

そこで、勃起不全の治療薬として現在「バイアグラ、レビトラ、シアリス」の3種類の医薬品が許可されています。これらの医薬品は専門的にはPDE5阻害薬と言われています。

 

PDE5とは酵素のこと。勃起のメカニズムとして、テストステロンが低下知ることでNOが細胞内の再クリックGMPに作用。血管が知人で勃起が起こるということになります。この際クリックGMPを分解して血管の拡張を邪魔するのがPDE5になります。

 

この部分を抑制してくれるのが勃起不全治療薬である「バイアグラ、レビトラ、シリアス」になります。

 

最初に開発された、バイアグラ、レビトラの作用としては、服用後1時間ほどで効き目を発揮して約5時間ほど持続してくれる。

 

一方、現段階で最新作のシリアスは36時間以上も持続。

 

世界的にも、勃起不全に悩んでいる人が服用している薬です。ただし、育毛剤の薬であるフィナバルド、ミノキシジルと一緒に併用するのには注意。

 

ある程度、時間をおいてから服用をすること。
特に、ミノキシジルの場合は、血管を拡張する作用があり、ED治療薬と一緒に服用することで、血圧が急激に上がる恐れがあります。

 

ページトップへ