自毛植毛の効果

頭皮のことを考えて自毛植毛

国内だけでなく、世界的にも注目されているのが自毛植毛です。フィナステリド配合のフィナバルドを1年以上服用してもさほど効き目を感じていない人に次のステップとして利用したいのが自毛植毛になります。

 

自分の毛のため拒絶反応はなく、いわば自分から自分へのう臓器移植という感じと考えてもいいと思います。ドナーに使う毛は後頭部から取るのが一般的ですが、薄毛が進行しても後頭部の毛は太いまま残っているから、男性脱毛症が非常に進行している人は後頭部より下まで脱毛が進む場合があり、多くの場合、この領域は毛が残っているケースが多いです。

 

どうして後頭部が薄くならないのか?これは酵素の細胞の数が少ないからです。医学的に男性ホルモンの影響も少ないことがわかっています。

 

この後頭部の毛を薄くなった頭頂部や前頭部に萎縮するために、作業はまさに田植え作業という感じで、頭頂部の頭皮を前頭部の薄い部分に移すという感じになります。

 

後頭部の部分を根こそぎ薄い部分に移植するために、一生涯禿げづらくなります。この自毛植毛は男性だけでなく、女性も同じように植毛を受けることができ、びまん性脱毛症にも適用されます。

 

もし、フィナステリドを服用しても1年以上たっても効果が見受けられない場合、試してみる勝ちはあると思います。