頭皮が薄い

国内ではなく海外で行う

自毛植毛では、後頭部や側頭部から、男性ホルモンの支配を受けない領域の髪を頭皮ごと切り取り、ドナー指摘に抜く方法があります。

 

基本的に禿げることなく、髪を生え続けてくれます。とんでもなく嬉しいような方法になるかと思います。

 

普通は後頭部の毛を2〜3cm×10〜15cm切り取り、2500〜5000本に株分けして前頭部にグラフトごと植えていきます。

 

切り取った部分はきちんとうるおい合わせておくことが基本ですが、見た目には殆どわからなく、脱毛した部分が大きくて1回で無理な場合は2〜3回萎縮手術を行います。

 

人によっては数日間痛みが残る場合がありますが、最新の手術方法では痛みが残らずんい、その日で退院することも有ります。

 

自毛植毛の手術について、株の数によって異なると思いますが、基本的に価格が非常に高い耐えに、国内ではなく韓国にて治療を行う人も増えています。海外で行うことに対して不安を感じる人もいますが、金銭的な部分が安いということがかなりのメリットになるために、利用する価値はあるかと思います。